2010年05月14日

グローバルリンクのBRICs投資

中国株の第一人戸松信博が中国株で1億円を獲得するプロジェクトを実施中!

詳細は今すぐ こちらをクリック!


バブル崩壊後の失われた10年を経て日本の投資家を取り巻く環境は大きく変わりました。

制度面では「改正外国為替管理法の施行」、「株式売買委託手数料の自由化」です。

また、インターネットの出現によりオンライン証券が台頭し従来の対面取引を凌駕、オンライン証券口座数は平成17年9月末で790万口座に達しています。

デジタル化した個人投資家の資金はより有利な金融商品を求めグローバルに移動します。

グローバルリンクアドバイザーズはこのタイミングを捉え日本で中国株が注目されていない1999年からオンライン会員制投資情報サービスを提供しています。

平成17年11月よりBRICs通信、日本株通信を開始し、平成18年4月からはこれらに加え、最今、個人投資家に人気のある外国為替証拠金取引の情報提供をスタートしています。

BRICsとは英語でレンガを意味するBRICKをもじり、ブラジル(B)、ロシア(R)、インド(I)、中国(S)の頭文字をとってつなげた造語です。

そもそもそのきっかけとなったのは、2003年10月に米系投資銀行のゴールドマン・サックスが出したレポートです。

これによると、2050年までに GDP規模で中国がアメリカを抜いてトップに立ち、インドが日本を抜いて第3位になり、さらにブラジル、ロシアが5位、6位と続き、なんと現在の先進6ヶ国で残るのはアメリカと日本だけという衝撃のレポートでした。

グローバルリンクではいち早くこの動きを捉えBRICs通信を開始しました。精度、鮮度の高い新興国グローバル投資情報を提供しています。

中国株の第一人戸松信博が中国株で1億円を獲得するプロジェクトを実施中!

詳細は今すぐ こちらをクリック!


BRICsの情報満載、ご期待ください。



【関連する記事】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。